連携方式・インターフェイス仕様

認証連携サービスの連携方式説明

Polarifyは以下の構成になっております。Polarifyアプリと連携することで、Polarify サービスをご利用頂けるようになります。詳細は下添付の SDK 連携説明書をご覧ください。

アプリ連携方式(ID-Token方式)

御社アプリで生体認証を実施し、Polarifyアプリから返却されるID-Tokenを用いてサーバーへのログインを行う方式です。

本方式では御社アプリ内にログイン情報を保持する必要がありません。

アプリ連携方式(ID/PW方式)

御社アプリで生体認証を実施し、生体認証結果を御社アプリ内の認証判断に利用します。サーバーへのログインはアプリ内に保存されたID/PWで行う方式です。

御社アプリ内でID/PWを保存している場合は本方式を用いることで御社アプリと御社サーバー間のインターフェイスを変更する必要がなく、サーバー側の改修が不要となります。

ブラウザでPolarifyと連携する場合は別途開発が必要になります。

ブラウザ連携方式(モバイル版)

モバイルブラウザからURLスキームによる生体認証を実施し、Polarifyアプリから返却される確認コードを用いて御社サーバーでID-TokenをPolarifyサーバーへ取得する方式です。

ブラウザにID/PWを残さないため高いセキュリティでのログインが実現できます。

ブラウザ連携方式(PC版)

PCブラウザに表示したQRコードをPolarifyアプリでスキャンすることで生体認証を実施し、Polarifyアプリから返却される認証コードを用いて、御社サーバーでID-TokenをPolarifyサーバーへ取得する方式です。

ブラウザにID/PWを残さないため高いセキュリティでのログインが実現できます。

アプリ連携のSDK連携説明書をダウンロードする(PDF)

ブラウザ連携の連携説明書は準備でき次第公開します。

お問い合わせ

連携お申し込み

Polarifyの認証連携サービスに関するお問い合わせも、こちらからお願いします。

ページTOPへ